【最新】キャッシュレス時代の財布はどうなる?新時代の財布のトレンドとは?

キャッシュレス,財布,どうなる キャッシュレス

日本でもキャッシュレス決済がだいぶ普及してきました。

一度キャシュレス決済に慣れてしまうと、現金を使う機会は減り、キャッシュレス決済の便利さが普通になってきます。

キャッシュレス決済の機会が増える事で、「財布の出番が減ってるよ~」という方も多いでしょう。

キャッシュレス時代では財布の使い方も変わってきています。

そこで今回は、キャッシュレス時代の財布はどうなるのか?キャッシュレス時代の財布の人気モデルと選び方を紹介して行きたいと思います。

キャッシュレス時代で財布はどうなる?

キャッシュレス時代の財布を一言で表すと「財布は小型化する」です。

キャッシュレス決済が普及する前、私たちは数万円のお札と、多少の小銭、クレジットカード、キャッシュカード、ポイントカードなど大量の物を財布に入れていました。

しかしキャッシュレス決済を導入すると、これらの物はスマホのアプリになっています。

支払いはPayPayやモバイルSuicaで済みますし、ポイントカード類もどんどんアプリ化しています。

財布に入れる中身が減ってきますので、かつての長財布のような大きい財布は邪魔になり、小さく薄くなって行く傾向にあります。

また、極端な人では財布は不要と考える人もいるかもしれませんが、多くの人にとって、いまだに財布に入れる物は案外多い物です。

それではキャッシュレス時代の財布の中身はどうなるのでしょうか?

キャッシュレス時代の財布の中身はどうなる?

キャッシュレス時代の財布の中身は、今までより少し変わってきます。

お札と小銭それぞれ数枚

キャッシュレス決済を導入すると、お札や小銭を使う機会が減ります。

しかし、自動販売機や券売機、車の駐車場の精算など、案外現金を使う機会はまだまだ多いです。

現金は災害時やスマホの故障時などにも役立ちますので、財布に少しは入れておきたいですね。

しかし今までのように多く持ち歩く必要もない為、お札数枚、小銭数枚で十分でしょう。

身分証明書、クレジットカード、キャッシュカードなど

カード類も全くいらなくなるか?と言われるとそうではありません。

車を運転する際は免許証が必要ですし、急に身分証明書のコピーを求められる可能性もあります。

また、急遽現金が必要になった時のキャッシュカードも必要です。

更に、ちょっと静かな良い感じのレストランや高級ブランド店での支払いはQR決済よりもクレジットカードの方がスマートに見えますので、クレジットカードも1枚は持っておきたいです。

ですが、ポイントカード類はできるだけスマホのアプリにして、財布の中をすっきりさせた方が良いでしょう。

レシートや領収書の一時保管

決済自体はキャッシュレスになっても、レシートや領収書はいまだに紙です。

特に会社に提出するような領収書は絶対になくせない為、財布に入れて持ち歩くのが良いでしょう。

よって、レシートや領収書専用のポケットがあるタイプの財布は人気があります。

このように、キャッシュレス時代では財布の中身も変化しています。

入れる物はあまり変わりませんが、入れる量が大幅に少なくなるでしょう。

また、更に身軽にする為に、鍵を1~2本だけ収納するようなキャッシュレス財布も登場しています。

普段使う鍵が少ない人は、キーケースを捨てて財布に鍵を入れて持ち歩くというスタイルもできます。

キャッシュレス時代の財布の中身まとめ
  • お札(数枚)
  • 小銭(数枚)
  • 身分証明書(免許証など)
  • クレジットカード
  • キャッシュカード
  • 保険証
  • レシート、領収書
  • 家の鍵(一緒に持ち歩きたい人)

財布を現在一般的な大きい財布から、キャッシュレス用の小さい財布に買い替える事で、より身軽に出かける事ができます。

また、自販機などでのちょっとした買い物の時、小さめの財布でササっと買い物する姿は、スマートでかっこよく映るでしょう。

もし今あたが、無駄に重たい大きい財布を使っているのであれば、キャッシュレスに対応した財布に買い替えてしまった方が良いでしょう。

おすすめのキャッシュレス財布

更にここからは、おすすめのキャッシュレス財布をいくつか紹介していきたいと思います。

機能性はもちろん、品質も良い財布のみを厳選しますので、ファッション性としても申し分ない財布たちとなっています。

アブラサス 薄い財布

ブランド名アブラサス
アイテム名薄い財布
価格(税込)14,950円~
素材牛革
約9.8cm
約9.5cm
厚み約0.7cm
重さ約50g
札入れ1
小銭入れ1
カード入れ1
フリーポケット1

アブラサスは薄い財布や、小さい財布などキャッシュレス時代に合わせたスタイリッシュな財布を販売しているブランドです。

その機能性が評価され、グッドデザイン賞も受賞しています。

アブラサスの薄い財布は、お札、小銭、カードなど基本的な物を持ち歩く事ができ。小銭を並べて入れたり、カードを重ねていれる事で、収納力を維持しつつ、コンパクトに持ち歩けるキャッシュレスにピッタリな財布を実現しています。

アブラサス 小さい財布

ブランド名アブラサス
アイテム名小さい財布
価格(税込)11,950円~
素材牛革
約6.0cm
約9.0cm
厚み約1.0cm
重さ約32g
札入れ1
小銭入れ1
カード入れ1
フリーポケット0

こちはアブラサスのもう一つの人気モデルである「小さい財布」です。

薄さよりもコンパクトさにこだわったこの財布は、女性でも片手に収まるほどのサイズ感です。

小さいながらも、札入れ、小銭入れ、カード入れと最低限の物は揃っているので、キャッシュレス財布にピッタリの財布となっています。

ベルロイ Note Sleeve

ブランド名ベルロイ
アイテム名Note Sleeve
価格(税込)12,200円~
素材牛革(環境認定レザー)
約10.3cm
約9.0cm
厚み
重さ約40g
札入れ1
小銭入れ1
カード入れ3
フリーポケット1

ベルロイは、キャッシュレス時代にあったようなスリムで機能的な財布を販売しているブランドです。

財布がどれだけスリムになるか?について徹底的にこだわって作られています。

その中でもこのNote Sleeveというモデルは人気の財布となっています。

スリムでありながら、収納力も抜群で、キャッシュレス時代にマッチした財布となっています。

タイトルとURLをコピーしました