ビジネスレザーファクトリーはなぜ安い?理由をわかりやすく解説します。

ビジネスレザーファクトリー,なぜ安い ビジネスレザーファクトリー

牛本革を使用したアイテムを沢山取り揃えているビジネスレザーファクトリー

財布以外にも、バッグや革靴、キーケースなど様々なアイテムを取り揃えています。

シンプルなデザインのアイテムから、珍しいアイテムまで様々なレザーグッズが用意されています。

そしてビジネスレザーファクトリーのもう一つの特徴として、値段が物凄く安いという事が挙げられます。

長財布などは10,000円を切る値段で、牛本革のアイテムを買う事ができます。

牛本革を使用していながら、なぜ安いのでしょうか?

そこで今回はビジネスレザーファクトリーはなぜ安いのか?その理由をわかりやすく紹介していきたいと思います。

ビジネスレザーファクトリーはなぜ安いのか?

ビジネスレザーファクトリーが安い主な理由は以下のような物です。

ビジネスレザーファクトリーが安い主な理由
  • 職人の人件費が安い(バングラディッシュで製造)
  • 使用している牛革を安く調達している
  • 大量生産向きの製法

それぞれ詳しく説明していきたいと思います。

職人の人件費が安い

海外や日本の高級ブランドの場合、自国の職人が一つ一つ手作りで財布を作っている場合が多いです。

もちろんこれらの国は人件費が高く、技術力も高いので製品の値段も上がってしまいます。

そんな中、ビジネスレザーファクトリーの革製品は人件費の安いバングラディッシュという国で製造されています。

そして、バングラディッシュで製造されているからと言って、必ずしも品質が良くないという訳でもありません。

バングラディッシュの人々は手先が器用ともいわれており、世界中のプチプラのファッションブランドが工場を持っていたりします。

なので、ビジネスレザーファクトリーの縫製技術などについては心配する必要はないでしょう。

使用している牛革を安く調達している

ビジネスレザーファクトリーは材料になる牛革も安く調達しています。

どうやらタンナーから直接牛革を大量に直接買い付ける事によって、安く調達しているという事らしいです。

また、ビジネスレザーファクトリーの工房があるバングラディッシュは、宗教の関係で大量に食用の牛が出回る時期があります。その時期を狙って大量の牛革を購入したりする事もしているのではないかと思われます。

牛革自体の質に関しては、最高の物という訳ではありませんが、間違いなく本物の牛革を使用しているので、ビジネスレザーファクトリーはかなりコスパの良いブランドだと言えるでしょう。

大量生産向きの製法

そして、ビジネスレザーファクトリーは安く大量に作る製法で商品を仕上げています。

例えば、レザーには大きく分けて染料染めと顔料染めという手法があります。

基本的に染料染めは手間がかかる分、革の特徴を活かしエイジングなどが楽しめる製法です。

対して、ビジネスレザーファクトリーのようなプチプラのブランドは低価格で可能な顔料染めという手法を利用しています。

染料染めは革そのものに色を染み込ませる手法ですが、顔料染めは革の表面をペンキのように覆ってしまう製法です。

レザーの醍醐味である経年変化を楽しむという事はあまりできませんが、水に強いなどの特徴もありますので、財布を購入する時はそれぞれのメリットやデメリットを比較してから財布を購入しましょう。

タイトルとURLをコピーしました