長財布はもうダサい?時代遅れになったって本当?

長財布

沢山の物を収納でき、使い勝手も良い定番の財布と言えば長財布です。

長年財布のスタンダードであった長財布は、今でも愛用している人の方が多い財布ではないでしょうか?

そんな長財布ですが、「実は長財布はもうダサい!」という意見があるのはご存知でしょうか?

長財布がダサいと言われる時代が、いつのまにか来たのでしょうか?

そこで今回は、長財布は本当にダサい財布なのか?もう時代遅れのアイテムなのか?といった事について見ていきたいと思います。

長財布はもうダサいって本当?

先に結論を言うと、長財布がダサいかどうかはあなたの使い方次第です。

長財布がダサいと言う人は、小さい財布の方がカッコイイという意見ですが、単純に小さい財布がカッコイイ訳ではないです。

詳しく見ていきたいと思います。

キャッシュレス派や小さいバッグの人は、長財布がダサい

最近のキャッシュレス化の流れもあり、基本的なトレンドは小さい財布です。

トレンド的な意味であれば、長財布は確かに時代遅れでダサいと感じるかもしれません。

しかし、使い方は人それぞれで、いくら小さい財布を使っていても財布がパンパンでボロボロになっていたらその方がダサいです

小さい財布がパンパンなのは、余計にダサい

このように、長財布自体がカッコイイとかダサいという訳では無く、その人の使い方によって財布がダサいかどうかが決まると言えます。

どんなに小さくて薄いスマートな財布を使っていても、小銭やカードやレシートで膨らみすぎて、財布の形が崩れていては、帰ってダサいです。

大事なのは、あなたの財布の中身や普段の使い方を考えて、財布の形が崩れず、スカスカになりすぎないベストなサイズの財布を探す事です。

ちなみに、補足しておくとトレンドよりも、伝統やルールを意識したビジネススタイルの時は、長財布を選んでおいた方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、長財布はダサいのか?長財布は時代遅れなのか?といった事について見てきました。

大事なのは、財布そのものの大きさよりも、あなたの生活に合ったサイズ感の財布を見つける事です。

小さい財布がおすすめな人
  • 財布の中身が少ない人・キャッシュレス派の人
  • バッグを持ち歩きたくない人
  • 小さいバッグを使う人
長財布がおすすめな人
  • 財布の中身が多い人・現金を使う機会の多い人
  • スーツなどに合わせる人
  • 小さいバッグを使う人
タイトルとURLをコピーしました