【噂の真実】高級クロコ財布ブランド池田工芸が倒産したってマジ?

池田工芸,倒産 池田工芸

最高級クロコダイルのレザーを使用した財布を取りそろえる池田工芸

池田のクロと呼ばれるふっくらとした腑が特徴的なブランドです。

そんな池田工芸ですが、インターネットで調べものをしていると「倒産」という文字が出てきますよね。

実際に池田工芸のホームページを見ると、まだブランド自体は存在してそうですが・・・

池田工芸のアイテムは受注生産になっており、注文してから到着までに時間がかかる事から、お金を払って商品が届く前に倒産なんて事になったら目も当てられないですよね?

そこで今回は、池田工芸は本当に倒産したのか?もしくは倒産しそうなのか?

といった事について解説していきたいと思います。

池田工芸は倒産したのか?(倒産しそうなのか?)

結論から言うと、池田工芸は倒産していません。

また、倒産しそうな状況でもないので安心して購入する事ができます。

実際に池田工芸のホームーページはしっかりと稼働していますし、注文ももちろん可能です。

また、池田工芸はブランド自体にも根強いファンが多く、創業から70年以上も経っている老舗です。

創業者の池田順一氏は、日本にエキゾチックレザーを広めた第一人者として、黄綬褒章を受章しています。

歴史、品質共に最高峰で、根強いファンの多いブランドなので、簡単に倒産するという事は考えられません。

池田工芸は希少性、ステータス、技術力、どれを取っても最高峰のブランドですので、「最高品質の本物の財布で他人と差をつけたい!」という方におすすめです。

池田工芸は公式サイトから購入する事ができます。

おまけ|池田工芸の検索結果に「倒産」と出た理由

池田工芸は倒産しておらず、倒産の可能性も低い事がわかりました。

それならどうして、池田工芸を検索した時に「倒産」という文字が出て来たのでしょうか?

これは憶測になってしまいますが、池田工芸の創業者の息子さんのブランドであるKENJI IKEDA(ケンジイケダ)が関係しています。

KENJI IKEDAはかつて独創的な革使いで話題を集めたブランドですが、とある事件をきっかけに倒産してしまっています。

親族が興した企業が倒産したという事が風評被害になり、池田工芸の検索結果に倒産という文字が出てきたのではないでしょうか?

ですが、先ほども紹介した通り、池田工芸自体は倒産していませんし、倒産の可能性も物凄く低いので、ご安心ください。

タイトルとURLをコピーしました